地盤調査

新築や建て替えの際に欠かせない地盤調査。
地盤調査には主に2つの方法があります。

ヤマト産業は、調査後の地盤改良費を大幅にカットできる表面波探査法
表面波探査法は精度が高いため、必要最低限の地盤改良工事で済み、
無駄な工事費を平均7割、最大9割カットできます。

表面波探査法

人工的に振動を発生させ、その揺れがどれくらい伝わるのかを調べる方法。データの再現性が高く、深い層の状態や傾斜角度なども判定できます。

スウェーデン式サウンディング調査(SS調査)

ドリルのようなものを使い、力を加えて回転させていく際、どれくらい沈んでいくかを調べる方法です。

表面波探査法 SS調査
地盤調査法 SS(スウェーデン式サウンディング)調査は誤差が多く、砂礫層などの場合はあらためて表面波探査法を行うことも。
調査の簡便さ 現場の作業性に変わりはありません。
調査費 表面波探査法はSS調査より高額。
地盤改良費 SS調査の
最大9割減
高い 表面波探査法は高精度であるため、調査後の地盤改良工事費を大幅にカットできます。

表面波探査法は、調査費は高めですが、地盤改良を含めたトータルコストが大幅に低くなります。

(例)地盤調査後の工事内容を比較

  • 地盤改良工事
  • 地盤対策工事
  • 直接工事

表面波探査法の結果に基づく工事内容

表面波調査の結果に基づく工事内容

SS試験の結果に基づく工事内容

SS試験の結果に基づく工事内容

SS調査後の一般的なコスト

地盤改良工事 50万円~数百万円
地盤対策工事 10万円~20万円
直接基礎 数万円

このコストを
最大9割カット
ができます!

だから、表面波探査法が断然いい !!

弊社は「表面波探査法」のリーディング業者です。
表面波探査法は高い技術が求められるため、全国的に導入している業者は少ないですが、
弊社は10年の実績があります。
ぜひ「表面波探査法」をご検討ください!